完璧な返済計画

9.完璧な返済計画

当時の金借先輩の借入残高は、先輩自身の計算によると全然問題ないレベルだった。
毎月の給料が○○円で、そのうち奥さんに△△円渡して、自分の小遣いが□□円。
そのうち××円を毎月返済していくと、◆◆年後には完済できる。。。。。
という自信満々のトークを聞いていると、ああ全然大丈夫なんだなと納得していた。

 

金借先輩の借金説話は続く。
毎月それだけ返済していると、借入可能残高が増えてくるから、
いざという時にはそこから引き出すこともできるんだ!

 

そこで私はツッコんだ。
それって『引き出す』んやなくて、『借りる』でしょ!?

 

おんなじだって!自分が使える金なんだから!

 

いや、でも、、、・・・・・・

 

考え方が小さいんだって、お前は!
自分の口座から出した1万円も、サラ金から借りた1万円も、
今この手に乗っている1万円はおんなじ1万円だろう?!
もっと言ったら、拾った1万円も、盗んだ1万円も、全部1万円でしかないんだって。
どんな1万円でも、1万円までは使えるけど、1万1円以上は使えないんだから。
まったく価値は同じなの。それが貨幣経済ってものなんだって。

 

なるほどなあ??

 

って、その時その場の私はなんとなく納得してしまっていた。

 

でも、そのあと一人で落ち着いて考えてみた。

 

金借先輩は、【サラ金の借入可能残額=自分の銀行預金残高】になっている。
だからこの人は、借金が止まらないし、終わらないんだ。
この思考パターンになったらヤバいよな、金借先輩はいい人なんだけど、
そこの部分はやっぱり壊れてるよな。

 

その時の私は、確かにそう感じていたはずだ。

 

 

⇒第2章 ブラック第一歩

 

 

⇒トップページ(消費者金融紹介)